「イラストを仕事にしたい」元借金フリーターが夢のイラストレーターをどん底から目指した理由

ゆうき
ゆうき

はじめまして、ゆうきと申します!

ブログをご覧いただき、

ありがとうございます🎵

女の子イラスト、アイコンイラスト

の制作を中心に活動しています!

はじめに

ぼくのことを知らない人ばかりだと思うので、

簡単に自己紹介させていただきます。

このブログを書いている

2024年2月現在は29歳。

 

大阪府で配達員をしながら

イラストレーターとして

 

趣味だったところから

独立を目指して動き始め、

フリーランスとして独立しました。

 

美大卒でもなく、

知識、経験、人脈どれもほぼゼロの

全くの初心者でした。

 

そんなぼくが、

 

なぜ会社員という働き方を捨てて

イラストレーターとして

独立したいと思うようになったのか?

 

その経緯をお話しします。

絵を描くことが大好きだった

ぼくは大学を卒業してまずは

ドラッグストアの正社員として

働いていました。

 

なぜドラッグストアに勤めたのかというと、

「なんとなく」です。

 

恥ずかしいことに当時のぼくは

将来や自分の人生について

何も考えていませんでした。

 

「大学卒業するしとりあえず就職」

これだけが理由でした。

 

「好きなことで稼ぎたい」

「起業したい」

そんな考えは頭にもありませんでした。

そんなぼくにも小さい頃からの

夢はありました。

 

それは漫画家でした。

 

アニメや漫画が大好きだったぼくは、

「自分も描いてみたい」

そう思ったこと、

 

あとは絵を描くことが

もともと好きだったこともあり、

中学生の頃、絵画教室に通っていました。

 

描いていくうちに、

思い通りに描けるようになっていって、

作品を作り上げた時の喜びも大好きでした。

 

当時は油絵を描いていましたが、

コンクールで入賞したり、

クラスのお絵描き大会で優勝したり、

 

周りに褒められることも嬉しくて、

どんどん絵を描くことが好きになりました。

 

絵を描くことが好きだったぼくは

「イラストを仕事にしたい」

「イラスト描きながら漫画を投稿したい」

 

と思うようになっていました。

 

しかし、そう思っているだけで、

 

実際稼ぐイメージは当時は全くできず、

高校、大学と進学していくうちに

その夢は少しずつ消えていきました。

いつの間にか見失った夢と辛い毎日

大学を卒業する頃には

就職活動をして就職することしか

選択肢には無くなっていました。

 

特になんの目標もなく、

なんとなくで就職先を決めました。

 

その就職先がドラッグストアでした。

興味はほとんどない仕事でしたが、

与えられた仕事は真面目にこなす

性格だったので

 

2年目から副店長を

任されるようになりました。

 

薬を取り扱う免許も取得しました。

 

しかし、昇給は数万円程度、

実家暮らしでも貯金が

貯まることもありません。

 

さらに、副店長になった責任で、

神経質になっていました。

 

当時の店長ともソリが合わず、

大量の仕事を与えられました。

 

仕事をサボるという考えがなかったぼくは、

 

働きすぎたことと、精神的、肉体的ストレスで

体を壊し、完治することのない

腸の病気を患いました。

また、ぼくの会社は

退職金もなく、

昇給も少なく、

 

さらに役職が上がるほど

自由な時間が減っていく

会社だと上司を見ていて感じました。

 

そんな上司を見ていて、楽しそうではないし、

自分はそうはなりたくないと感じました。

 

退職金もなく、楽しくもなく、

貯金も時間も無い。

 

続けても幸せにはなれないということを

2年目に確信しました。

自分の力で稼ぎたい

このままじゃだめだ

もっと真剣に将来のことを

考えなきゃと思うようになりました。

そう思って始めたのが

ブログアフィリエイトでした。

 

ぼくの高校時代の友人がアフィリエイトで

月100万円稼いでいました。

 

会社員として働くことしか選択肢になかった

ぼくにとっては衝撃的でした。

 

自宅で、しかも会社員の

何倍も稼いでいたんです。

 

その友人が大阪に住んでいて、

地元のもう一人の友人と一緒に

岐阜から大阪に引っ越すことになりました。

 

しかし、3人で一つのサイトを

作る予定でしたが、

 

友人が喧嘩してしまい、

開始序盤で空中分解してしまいました。

 

しかし、自分の力で稼げるようになりたいと

思っていたぼくは、

 

友人から少し教えてもらっていたことと、

友人のサイトからヒントを得て、

自分なりに継続して記事を書き続けました。

 

そして、最高で月70,000円を

自分の力で稼ぐことができました。

 

初収益の時は会社員時代の20万円よりも

遥かに嬉しかったです。ちょっと涙出ました笑

しかし、そのタイミングで

前職での失業保険がもらえなかったこと、

友人との金銭トラブルが重なり、

 

借金200万円を抱えてしまいました。

絶望の毎日から思い出した夢

せっかく波に乗ってきた副業も投げ捨てて

配達員としてとにかく働きました。

 

それでも請求書に追われる毎日に

心身ともに限界でした。

 

地元から出てきて仕事しかしておらず、

精神的に病んでいたぼくは

 

「なんのために生きてるんだろう」

 

そう思うほどに精神的に落ち込んでいました。

そんな時、私を救ってくれたのが

アニメでした。

 

もう笑うこともほとんどなくなりかけていた

時期でしたが、

 

笑ったり、感動したり、アニメを見ることで

精神的に大きく救われていました。

 

生きることで精一杯だったぼくですが、

 

「自分も人のためになる仕事がしたい」

「好きなことで稼ぎたい」

 

そう思うようになりました。

 

そこで小さい頃から夢見ていた

 

・漫画を投稿すること

・イラストを仕事にすること

 

この二つの夢を思い出しました。

技術が上がれば稼げるわけではなかった

とにかく働いて借金を返済した後、

イラストのスクールに通いました。

 

貯金のほとんどを使用して、

機材を含めて60万円支払いました。

 

スクールを卒業して、

まずはイラストをSNSに投稿することから

始めました。

毎日イラストを1ヶ月程度投稿していましたが、

 

知名度もなく、

どこの誰かもわからないぼくに

イラストの依頼は一件も来ませんでした。

 

「好きなことで稼ぐのって難しい」

「自分じゃやっぱ無理なのかな」

 

不安で、自信も無くなり、

諦めようとしていました。

人生を変える出会い

そんな時、ある方との

運命的な出会いがありました。

 

出会いはぼくがイラストを投稿していた

SNSでのダイレクトメッセージでした。

 

簡単な挨拶をしてから

メッセージのやり取りをしました。

 

(その人のことはAさんとします)

Aさんはネットビジネスで独立し、

フリーランスをしているとのことでした。

Aさんに自分の経緯や

イラストを仕事にしたいということ、

自分の人生をどうしても変えたいことを

 

打ち明けるととても親身に話を

聞いてくれました。

会社に固執せずに個人で生きていく方法

色々と教えてくれました。

 

もっと話を聞いてみたいなと思ったぼくに

「今度直接会って相談に乗りましょうか?」

と言ってくれました。

ネットからこうやって直接会うのは

初めてだったので

 

「怪しい勧誘話だったらどうしよう」

 

と少し不安になっていましたが、

実際お会いして話してみると、

 

とっても親身に相談に乗ってくれました。

 

「どうやってフリーランスになったのか」

丁寧に教えてくれました。

この人からビジネスを教わりたい!

 

悩んでばかりの今を変えるために

 

目の前にあるチャンスを逃したくない!!

 

そう強く思いました。

そして、勇気を振り絞って

 

フリーランスになりたいです、

ぼくにビジネスを教えてください!!」と

 

お願いしました。

 

「本当に覚悟を持った人にだけ教えてます」

「決して甘い世界ではないですが

本当にやりますか?」

 

「はい、頑張ります!」

 

というやりとりがあり、

Aさんからフリーランスになるための

ビジネス力を

 

教えていただけることになりました。

イラストレーターの道へ

そこから本格始動し、

 

コンセプト設計やどんな想いで

イラストを描いているのかを発信したり、

 

今までは自分の好きなイラストのみを

描いていましたが、

 

お客様がどんな雰囲気の

イラストを求めているのかなどを、

丁寧にヒアリングしていきました。

そして、ついにイラストで初めてのご依頼を

受けることができました。

 

お客さんからもたくさんの嬉しい言葉を

いただくことが出来ました。

 

そして、「自分で稼ぐことができた」

この達成感はきっと

一生忘れることはないと思います。

 

また、自分の夢だったイラストで

お客様に喜んでもらえることが、

こんなに嬉しいことなんだと知りました。

もともとイラストはほぼ趣味

みたいなものでした。

 

美大卒でもなく、

経験も人脈もありませんでした。

 

そんなぼくでも正しいやり方で

実践と修正を繰り返した結果、

 

今ではフリーランスとして独立するほどに。

 

イラストのご依頼も定期的に

切れ目なくいただけるようになりました。

そして現在は

 

好きな場所で好きな時間に

大好きなイラストのお仕事も

できるようになりました。

 

ですが、イラストレーターとして

活動し続けるためには、

 

目標に向かって日々

成長し続ける必要があります。

そのための自己投資は惜しみませんし、

 

自分の好きなことで

お客様が喜んでくれる。

 

好きな人と好きな時間に

好きなことで生きていける。

 

これは会社員時代のぼくには

感じることのできなかった最高の充実感です。

次はあなたの番です

ぼくは過去の自分と同じように

 

・仕事が楽しくない

・自分の好きなことで生きていきたい

・どうしても人生を変えたい

 

そんな状況に悩んでいる方へ。

 

あなたが今積み重ねている努力が

あなたの望む未来に繋がっているのか

 

今一度考えてみて欲しいです。

今の仕事環境や状況を

続けていく上での限界は

遅かれ早かれやってきます。

 

今の時点ですぐに違和感や「違う」と

気づいている方も多いと思います。

 

でもそこから

・イラストレーターになるには

どうしたらいいのか?

・フリーランスとして独立するには

何をしていけばいいのか?

分からなくて悩んで、

一歩踏み出すのが怖くて

動けていない方もたくさんいると思います。

 

ぼくはそんな人の力になりたいと

本気で思っているので

この記事を投稿しています。

会社員の一員として

会社貢献をしていくことも

一つの選択肢です。

 

その仕事のおかげで

世の中が成り立っています。

会社員には会社員の幸せがあります。

 

ただ、ぼくにとっては違った

それだけのことです。

人生は一回しかありません。

 

妥協しながら毎日過ごすのは勿体無いし、

後悔しないで生きていきたい

 

自分の夢や理想を追い求める中で

失敗や挫折はつきものです。

 

でも、成功すれば過去の失敗や挫折は

過去の一つになり、

あなたの大切な経験になります。

 

ぼくもたくさん失敗してきたからこそ

学べたこともたくさんありました。

 

失敗してこなかったら

今の生活はなかったと断言できます。

人生は長いようで短いです。

 

そして、

あなたの人生は誰のものでもなく、

あなただけのものです。

 

あなたの人生の責任を取るのも

あなた自身です。

 

自分の人生の道を切り開くのは

あなた自身なんです。

「あの時〇〇しておけば。。。」

 

行動しなかったことを後悔しても

時を戻すことはできないし、

 

チャンスがもう一度やってくる

とは限りません。

 

後悔しないためにできることはただ一つ、

「今すぐ行動すること」です。

未知の世界に足を踏み入れることは、

怖いし不安もあります。

 

ぼく自身もそうでした。

きっとほとんどの人がそうですし、

 

そんなみなさんの気持ちも

痛いほどわかります。

 

でも、行動しないと

状況は何も変わりません。

 

あの時、行動できたからこそ、

今の人生は毎日が輝いて、

ワクワクしながら過ごすことができています。

あなたのこれからの人生が

あなたの勇気ある一歩で

輝かしいものになることを祈っています。

 

<さいごに>

最後まで読んでいただき

ありがとうございました!

 

ここまで読んでくださったあなたは

 

✅「イラストレーターとして活躍したい!」

✅「イラストは趣味程度だけど、お仕事にしてみたい!」

✅自分の好きを生かしてフリーランスとして生きていきたい」

 

と、強く思っているんじゃないでしょうか?

 

ぜひぼくの公式ラインを

今すぐ登録して活用してみてください!

会社員で体を壊し、

挑戦し始めた時に借金を抱え、

 

どん底の状態でスタートした

イラストレーターの道。

 

「好きなことで生きていく」

そんな理想の生活を実現するために

学んできたビジネスの本質。

 

フリーランスのイラストレーターとして

 

売れるための知識や

今まで培ってきた経験を

惜しみなく丁寧に発信していきます。

 

質問などもお気軽にどうぞ!

 

お友達登録お待ちしております^_^

ラインでお会いしましょう!

 

この投稿が迷っているあなたの背中を

押せる投稿になれば嬉しいです!

それでは、また会いましょう!🖐️

コメント

タイトルとURLをコピーしました